留学先ぶっちゃけ

デンマーク留学でやらかした3つの失敗

こんにちは!
デンマークコペンハーゲン大学に交換留学している、経済学部4年の三木拓弥です。

2017年9月から留学しているので、現時点で8カ月も経ったことになります。

「なぜデンマーク?」よく聴かれる質問です。

デンマークは幸福度ランキングで1位の国です。(2016年の世界幸福度ランキングで1位)

(コペンハーゲンで一番美しいと言われているニューハウン)


大学で経済学を学ぶ中で幸福に興味を抱き、幸福の国デンマークを留学先に選びました。
普段は授業に行ったり、授業に行かなかったりと、とても幸せに過ごしているのですが、3つほど大きな失敗をやらかしてしまいました。

これから留学される方には、僕のようなしょーもない失敗をしないで欲しいと思い、この文章を書いています。

それでは、スタートです!!

エピソード1つ目。2017年9月末、つまり留学が始まって間もない頃、地下鉄の無賃乗車がバレて750DKK(約13000円)の罰金を食らいました。

(罰金の用紙)

デンマークの罰金は超厳しいです。無賃乗車は、わざとであろうがわざとでなかろうが、即罰金です。

また、自転車の無灯火運転がバレると罰金らしいです。僕のホストファミリーが食らっていました。

日本だと、改札があるので無賃乗車は難しいのですが、ヨーロッパだと改札がない国もあります。

つまり、切符を買わなくても乗れてしまうのですが、車内でたまに切符を確認する人が来て切符を見せらないと罰金です。

良い子の皆さんは、無賃乗車は絶対にやめましょうね。結果的に、僕は胸だけでなく懐も痛むことになりました。

無賃乗車のしょーもない経緯が気になる方は、「デンマーク 無賃乗車」でググると僕のブログ記事が一番上に来るので、読んでみてください(笑)

(『デンマーク 無賃乗車』でGoogle検索した時の画面)

エピソード2つ目。貧血入院しました。

今年の3月初頭に「なんか、酸素濃度が薄いな」と違和感がありました。それから何日か経つと、動悸が激しくなり、立つのも苦しくて、大学はおろか最寄りのスーパーにすら歩いて行けなくなってしまいました。

まさか10か月の間に、そんなことになるとは思ってもみませんでした。何が起こるかわからないのが留学です。

家で1週間ほど安静にしていたのですが、良くなりませんでした。

ホストファミリーに病院に電話をしてもらい、タクシーで病院に行くと、まさかの入院。

採血された後に「ロー ヘモグロビン」と言われて、泣きそうになりました。

(後で調べたら、ただの貧血だったのですが。)

専門的な病院に移動するために救急車に乗ったり、デンマークで輸血を初体験することになりました。

デンマークは医療無料の国なので、本当に助かりました。病院生活は、なかなか快適で悪くありませんでした。

なんと飲食も無料です。僕はオレンジジュースを馬鹿みたいに飲みました。そのおかげで腹を下しました。

(病院での食事)

ふつうに楽園だったので、もう少し入院してもよかったくらいです。

貧血の原因は言わずもがな不摂生な生活です。特に食事は栄養が偏りがちで、今思うと鉄分が足りていませんでした。

僕は入院することでデンマークの医療の素晴らしさに気づけましたが、できることなら入院しない方がいいです。

それでも入院しそうな人は医療無料のデンマークに留学するのがベストです。

エピソード3つ目。半年間連れ添った自転車を盗まれました

デンマークは自転車大国で、自転車専用レーンも整備されています。コペンハーゲンは自転車があれば大体どこでも行けます。登下校も基本的に自転車です。

留学して1カ月ほど経った時に、自転車を中古で買いました。大学の近くにある自転車屋で、安価な値段と黒くてシンプルデザインに一目で惚れて、購入を決めました。

(半年間使用していた自転車)

それから半年間の付き合いでした。辛い時も楽しい時も一緒。

しかし、幸せな時間は長くは続きませんでした。

4月の中旬に、コペンハーゲン中央駅の駐輪場に自転車を3日ほど停めたのです。ノルウェーとスウェーデン旅行に出かけるために、バス停に行く必要があったからです。

3日後の朝、旅行から帰ってきました。自転車を回収しようと駅の駐輪場に向かいました。

「あれっ、自転車がない!」

きれいさっぱり無くなっていました。自転車をどこに停めたかわかるように、写真を撮っていたのですが、写真に写っている自転車は跡形もなく消えていました。

結果、新しい自転車を買う羽目になりました。痛い出費です。

自転車は、柱などに引っかけてチェーンでロックしましょう。自転車単体だとチェーンをつけていても盗まれます。僕は後輪にチェーンをつけていたのに、チェーンごと盗まれました。

いかがだったしょうか?

見ての通り、海外留学では何が起こるかわかりません。

僕はリスク管理を怠り、上記の失敗をしてしまいました。失敗をすることは悪いことではありませんし、僕は後悔していません。

しかし、どうせ失敗するなら高次なことで失敗しましょう。

例えば、僕のしょーもない無賃乗車の失敗よりも、授業のプレゼンに真剣にぶつかっていた末の失敗の方が成長できて、いいですよね?

僕のしょーもない失敗を糧にして頂ければ幸いです。

関連記事

  1. Harvard Medical Schoolをぶっちゃけます!「…
  2. カリフォルニア大学サンディエゴ校をぶっちゃけます!
  3. トビタテ!奨学金ってぶっちゃけどうなの!?対策と魅力を徹底解説!…
  4. カンボジア プロサッカーチームで海外インターン
  5. アイキャッチ_韓国 600年の歴史!韓国最古の大学、成均館への留学で学んだ2つのこと…
  6. アジアNo.1の大学? シンガポール国立大学をぶっちゃけます!!…
  7. 中国・北京大学の魅力教えちゃいます(前編)
  8. ベトナム貿易大学(FTU)での留学をぶっちゃける!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP