インターン特集

インドで超絶激務の広告営業の日々!【海外インターン特集】

 

 

「海外で生活する」

「ビジネスを体験する」

 

 

その両方を同時に達成できるのが海外インターンシップです。

聞いたことある方や、興味のある方も多いのではないでしょうか?

 

 

ただ、海外インターンは、国や会社によって申し込みプロセスや業務内容が異なるため、実際にチャレンジしたいと思っても一歩踏み出しにくいのも実情です。

そこで東北大学留学. comでは、海外インターンを経験してきた東北大学生の体験を聞き出し、『海外インターン特集』として発信していきます。

 

・留学することは決まったが同時にインターンもしたい

・成長、刺激のために海外インターンに挑戦したい

方は必見です!!

 

第一回目は、一年間の休学中にインド、シンガポールと二カ国でインターンを行った、教育学部の片山さんに質問しました!

 

 

〇プロフィール

名前:片山弘樹(かたやま ひろき)

学部:教育学部

インターン当時の学年:4年(休学中)

インターン先地域:インド(バンガロール・チェンナイ・ムンバイ)、シンガポール

インターン先企業名:Goen Consulting Pvt.Ltd.(インド)、Fifty One Media Pte.Ltd.(シンガポール)

留学先地域:なし(インターンのみ)

期間:2017年2月〜8月(インド) 2017年9月〜12月(シンガポール)

 

 

片山さんは一年間の休学中、なんとインドとシンガポールの二カ国かつ別会社でインターンを体験されているため、それぞれの体験を二つの記事に分けてご紹介しようと思います。

 

 

 

今回はインド編になります!

 

 

 

 

発展が進むインドでのインターンはどのようなものだったのでしょうか!?

 

それでは早速質問に移っていきます!

 

******************************

 

1、インターンシップはどんな会社でどんな業務を任されていましたか?実際に携わった業務やプロジェクトがあればどんなものだったか具体的に教えてください!

 

 現地に住む日本人向けの日本語フリーペーパーの会社で広告営業を行っていました。日本でいうところのHotpepperみたいなものをイメージして頂ければ分かりやすいかなと思います。

 

 業務内容としては、現地に住む日本人の方々に情報をお届けすることと、インドに住む日本人のマーケットにアプローチしたいインド人経営者のマーケティングの手助けをするため、インド人が経営するレストランや、ホテル、美容院、美容クリニック、B to Bの企業様など、あらゆる会社に広告の提案を行なってきました。実際、「営業先の選定→飛び込み・電話・メールでのアポイント獲得→商談→受注」までの営業における全てのプロセスを行いました。

 

 現地に住む日本人は比較的富裕層が多いので、営業先も高級レストランや4つ星ホテル、5つ星ホテルなどで、ビジネスの第一線で働く企業のマーケティングマネージャーであったり、オーナー、GMに広告の提案を行うのは非常に良い経験になりました。

 

 担当していた南インドの3地域では日本人が私1人だったので、他のインド人セールスチームや、インド人のデザイナーのマネジメントも行なっていました。また、営業とマネジメントだけでなく、社内の簡単な経理業務や、フリーペーパーの設置業務なども行っていました。

 

 

2、仕事量はどれくらいでしたか?また有給、無給どちらですか?

 

超絶激務でした(笑)

 

 8時始業で、22時まで営業。その後オフィスに戻り、日を跨いだ2時か3時まで社内業務や、デザインの確認などを行っていました。休日は日曜日でしたが、仕事が多すぎて日曜日もほとんど働いていました。

 

 これだけ働いていたのですが、給料は15,000Rs.(日本円で約3万円)と、完全にやりがい搾取されてますね(笑)。

 

 ただ、努力した成果もあり、最終的に、歴代インターン生50人中1位の営業成績を残す事が出来ました。

 

 

 

 

3、インターンをしようと思ったきっかけを教えてください。また、いつごろインターンをしてみようと考え始めましたか?

 

 就活中にある本に出会ったことです。

 

 大学入学当初から漠然と留学してみたいな、という思いはあったんですが、なかなか踏み出せずに、ダラダラと過ごしてしまい、気がついたら大学3年の夏で、周りに流されるように就活を始めました。しかも自分が何をしたいのか、全くわからず(考えることもしてなかったのですが)、インターンシップの選考もあまり上手くいきませんでした。

 

 そんな中、ある就活に関する本に「就活をする前にあらゆるしがらみを取っ払い、自分が心からやりたいことが何か、改めて内省してみよう」という文言を見つけました。

 

 そこで、自分が本当にやりたいこと、そして小・中・高の部活のように、もう一度熱くなれるものは何だろうと。

 

 考えた結果、ある程度大学の単位を取り終えた今、大学入学当初からの思いを、行動に移すべきなんじゃないかと思い立ったわけです。それが大学3年時の10月くらいだったと思います。

 

 海外に長期滞在したい、という思いと、仕事での実務経験を積みたいという両軸の掛け算で、留学ではなく海外インターンという選択肢を選びました。

 

 どうせ行くなら業務面でも環境面でも過酷な環境で自分自身を磨きたいと思い、最初はアフリカに行こうかなと考えていましたが、その後11月に海外インターンを紹介している会社と面談し、「業務面での過酷さはインドでのインターンが最もキツい」と紹介され、インドのインターンに応募することに決めました。

 

 

 

 

4、考え始めてから実際にインターン先に受け入れ許可をもらうまでのプロセスを教えてください!

 

調査開始時

 

    ・2016年11月海外インターン紹介会社と面談

 

申し込み時

    ・2016年12月インドの会社の社長とSkype面接

 

許可 

   ・2016年12月24日合格通知(クリスマスプレゼント)

 

 

インターンを始めるまでに参考にしたサイト

・海外インターンのタイガーモブ

https://www.tigermov.com/

 

 

 

5、申し込みの段階でインターン先で求められた能力、語学力等あれば教えてください。また、インターンを終えた後、必要だったなと感じた能力や、やっておけばよかったと感じる準備などあれば教えてください。

 

 申し込みの段階で求められるのはやる気だけです(笑)

 

面接では「なぜ海外インターンに行くのか」「なぜインドなのか」など、インターンにいきたい理由を論理的に話せれば、問題ないと思います。

 

 語学力(英語力)はあった方が良かったなと思います。ただ、語学力がないから行けない、と考えるのではなく、「行ってからどうにかなるだろう」と楽観的に考えて、勢いで行くってのも有りかなと思います。実際、行ってから何とかなりました。

 


インド編はここまで!

次回はシンガポール編です。おたのしみに!

 

関連記事

  1. 努力は裏切らない。貿易大学への留学・海外インターンを通じて得たか…
  2. UC Los Angeles(カリフォルニア大学ロサンゼルス校)…
  3. アジアNo.1の大学? シンガポール国立大学をぶっちゃけます!!…
  4. UC Berkeley の1か月ぶっちゃけ!! 【留学スタート特…
  5. 「アメリカで家なき子になりかけた」というお話。
  6. スウェーデン、リンショーピン大学をぶっちゃけます!
  7. The Pennsylvania State Universit…
  8. 人生が広がった留学先!台湾・国立台湾大学をぶっちゃけます

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP