留学先ぶっちゃけ

カリフォルニア大学アーバイン校をぶっちゃけます!「何がいいのUCI?」

University of California, Irvine に一年間交換留学をしている、S.S.です。
記事の内容がオワってるので読む価値ないですよ。

それでは今回の目次です。

PR. 企業の人事に焼肉をご馳走して貰いながら就活の相談ができるサービス

まずは、UCIをなぜ選んだのか

第一志望のUCLAに落ちたからです。別にいいよあんなパーティーばっかやっている野獣の住処は。。。。あぁUCLA行きたかったな。

UCIのどこがいいか

その1.ロケーションがかなり良い

ロケーションというと沢山条件はありますが、LAに一時間以内でいけること。これがまず一つ。LAを忘れられない。

次にアメリカで一番治安が良い街に選ばれている。平和すぎて駐禁とかスピード違反とかでよくチケットとられます。ま、運転手僕じゃないのでいいですが。LAはホームレスの巣窟となっていて女の子が住むのは少し怖いかもしれません。

そして海が近い。サンディエゴとサンタバーバラにはかないませんがそれなりにアーバインだって頑張ってます。

飯食うところが沢山。アジア料理、日本スーパー、アメリカン、メキシコ料理などなど。

スポーツチームが周りに沢山。大学のチームだけでなく、大谷翔平のいるエンゼルスとか近くにあります。レイカーズ、クリッパーズだって、LAにあるからほぼアーバインにあるわ。野球部の友達は大谷翔平と練習してました。結構近くに住んでるらしい。

その2.施設の充実さ

とりあえず整備されてて全部綺麗です。ただ工事が未だに終わらず、年中工事。それゆえ、UCIはUnder Construction Infinitelyといわれています。

ジムや寮が良い。

ジムがまずでかい。週2でルーミーと泳いでます。夏までにはシックスパックが入るといいなって言いながら、水着の女の子を観て基本おしゃべりで終わってます。寮はかなり高いです10万円以上です、私のところ。一人部屋持つとどうしても高いんですよね。でも、ジャグジーにプールに寮専用ジムにビリヤードに食器洗浄機に乾燥機まで何から何まで最高です。ただクソ高えから要らねえよそんなに。

PR. 就活のあらゆる情報は就活ノートに詰まっています。 >

その3.アジア系がざっと6,7割

白人が少ないためここはアメリカかと思います、最初は。その為人種差別は一切ありません。メキシコ旅行に行ったときに、年越しカウントダウンの際、チノプタ(アジア人売春婦)とかいう人種差別コールが沸き上がったりはしません。史上最悪の年明けだったわ。その為馴染みやすい環境ではありましたね。そういえばUCIはUniversity of Chinese Institutionとも言われてます。スペルあってるのかこれ。インスティチュションね。

その4.スーパーカーがめちゃ停まってる。

学校にフェラーリやランボルギーニで来る学生がこの世にはいます。花より男子だけではないんだな。僕は車が好きなのでそれを見に行くために学校に行く感じはありますね。

UCI不便なところ

その1.車がないと終わり

車がないと毎日ウーバー生活もしくは引きこもりになるでしょう。奇跡的にルーミーと素晴らしい現地生たちに恵まれ、二日に一回ほどご飯に連れてってもらってます。これが、BMWとAUDIだから上がる。まじ卍。卍の使い方が分からない。卍をナチス軍と間違えがち。

一番皆さんがどうでもいいと思う分野、学習について

その1.スポーツ産業を観たかった

アメリカのスポーツ産業は世界一でそれがどんなか知りたかった。だからLA第一希望なんですが。そこに行けたら、ギリギリ、Ball家族の次男Geloのプレー見れたのになあ。あいつ中国で万引きしよったからな。Geloはレイカーズドラフト一位の期待の新人ロンゾボールの弟です。良かったら、FaceBookでBall in the Family見てください。とまあ嘆いても仕方ないので、UCIのスポーツチームの試合見に行ってはアンケート集めてます。トビタテで夏インターンするとか言ったのに未だポジションが見つからなくて困っています。さらにこの前、スポーツ運営の仕事面接で落とされて今辛いんだが。ま、これから頑張ります。

(最終的にインターンはここですることになりました↓)

その2.インターンついて

スポーツとは別に出発前に仮想通貨にはまり出して、色々興味があったんですが、その話で盛り上がって、知り合った友達から、ブロックチェーン技術を使ってビジネスをしてるCEOを紹介してもらいました。そこでようやく結果残してポジションを確保したんですが、これが楽しい。ビジネスの流れが速いな、とか裁量権がインターンなのに高いなとか。ぶっちゃけると有給なのでアメリカのVISA的問題でやばいのですが。まだ仮想通貨の法整備が緩いアメリカでは、仮想通貨での取引に足がつかないのでそれで送金してもらってます。ま、グレーではありますね。銀行で送金は結構まずいでしょうね。給料がドルじゃないところあたりが時代なんでしょうなあ。カリフォルニアで働けてるおれ恵まれてるとか思いながらいい気分になってます。完全に自己満足ですね。一種のオ○ニーともいえるが。いつクビ切られるか分からないし、最近も給料の問題で口論になったので、明日あたりには解雇されてるでしょう。

その3.授業の勉強

バークレーの記事を見た後に考えた結果そこまで忙しくないです。勝さんお疲れ様ですwwww。今期は上限解放して20単位とってますが別にAAとか目指してないのでそこそこです。でも東北大にいたときよりかは勉強していますし身についていると思います。何かが。何かは分からないんだが。なんで勉強時間が長いかというと、自分のクソ英語能力を知識でカバーしようと必死だからに尽きます。そうするとグループワークなんかでも認められて話が自然と振られるようにもなります。あの周りが英語早すぎて一人ぽつーんなってる時の顔面、客観的に見てマジで終わってるんだろうな。

アメリカ授業やばいとか、言う人が沢山いますが、学校行ってないルームメイトがAAとったり、先輩が、東北大よりAA取りやすいわ、とか言ってGPAブースターとか言ってますが。どうなんですかね、人によると思います。ただここはアーバインということなのでさして参考にならないでしょう。

以上、今回は「何がいいのUCI?」について書いてみました。

ここまで読んでくださり、ありがとうございました!

関連記事

  1. UC Berkeley の1か月ぶっちゃけ!! 【留学スタート特…
  2. 中国・北京大学の魅力教えちゃいます (後編)
  3. 「アメリカで家なき子になりかけた」というお話。
  4. UC Los Angeles(カリフォルニア大学ロサンゼルス校)…
  5. カンボジア プロサッカーチームで海外インターン
  6. ドイツへの留学。ゲッティンゲン大学をぶっちゃけます!
  7. Harvard Medical Schoolをぶっちゃけます!「…
  8. Noと言えない日本人はイスタンブールに行ってはいけない

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP