2018 夏SAP 特集!

行って初めて知るロシアへの短期留学~TUCPR編~ FL特集

profile

FLロシア(通称TUCPR:Tohoku University Cross-Cultural Program with Russia)に参加し、2週間ロシアのモスクワに滞在してきました!今まで持っていたロシアのイメージが(いい意味で)ぶっ壊された、TUCPRの魅力をたっぷりお届けします!また、渡航前にすべきこと・準備すべきことについても書きますので、参加希望・予定者の皆様のお役に立てれば幸いです!

 

留学者プロフィール

名前:江藤ゆうの(えとうゆうの)

学部学年:理学部化学科2年

留学先:ロシア・モスクワ大学(Moscow State University, Russia)

留学期間:1年3月から2週間

profile

留学プログラムの概要

日露相互理解を深める、という目的のプログラムで、とにかくロシアの魅力をたっぷり堪能できます。ロシアの歴史・文化という真面目なことはもちろん、現地のロシア人学生たちと話すことで、現地の人と接するからこそわかるロシアをたくさん感じることができます。

 

渡航前

申し込み

まず最初に、このプログラムは、倍率が高いことでとにかく有名です。

ロシアに行く機会なんて滅多にないし、それ以前に多額の奨学金がもらえるなんて魅力的ですよね。自己負担少なく留学にいけるので大人気のプログラムです。

なので、TUCPRに参加したいという人は、とにかく応募書類を本気で書くことを強くお勧めします。

私はずば抜けて成績や語学力が良いわけでなかったけど合格したので、大事なのは応募書類の中身だと思います。(私より成績や語学力高い人でも落ちてる人も多くいました…)

 

研修

事前研修ではプレゼンがありました。そこそこ大変でしたがなんとかなりました。ロシアについて予備知識をつける機会はあったのですが、ロシア語を勉強する機会は無かったので、自分で勉強することをおすすめします。

私はロシア語ノー勉でロシアに行ったので、現地でロシア語の授業を受ける時、アルファベットから覚えなければならずかなり苦労しました笑

準備

想像に難くないと思いますが、死ぬほど寒いです。寒さで痛みを感じたのは初めてでした。鼻の中とかも凍ります。

しかし、室内はとてもあったかいので、温度調節のしやすい防寒対策をするのがいいと思います(なかなか難しいけど笑)

また、雪が常に積もっていて、滑りやすいので、スノーブーツがあると重宝するかと思います。

 

あと、現地の学生へのお土産に、スーパーで売ってるような抹茶味のお菓子をたくさん持っていったらすごく喜ばれました!

 

留学中

現地での交流

現地の大学生との交流の機会はめちゃくちゃ多かったです。だいたい、夕方までは何かしらのプログラムがあるのですが、その時も必ずロシア人学生が付いてきてくれていました。

1日のプログラムが終わったあとは自由時間なのですが、現地学生とご飯食べにいったり、お買い物行ったり、はたまたクレープ作ったり、お酒飲んだり(小声)、毎日楽しかったです!

 

私はアニメや漫画が好きなので、同様の趣味を持ったロシアンオタクたちとめちゃくちゃ仲良くなりました。

萌えるポイントに国ごとの違いはないことがわかり、すごく話が弾みました。



語学力

現地学生はみんな英語話せるので、学生との意思疎通にロシア語は必要ありません。ロシア語の授業も、ほぼみんなゼロからのスタートです。

ただ、街中では英語表記もなく、普通のロシア人は英語を話さないので(日本人と同じような感じかな)、ロシア人の友達に頼るorジェスチャーで頑張るのいずれかでした。言葉わかんなくても意外となんとかなりました。

 

授業

平日午前中は大学で毎日ロシア語の授業を受講し、午後はフィールドワークとして、クレムリン(ロシアの中枢)やボリショイ劇場など、モスクワで有名なところにたくさん連れて行ってもらいました!

他にも、バレエやサーカスを鑑賞したり、市場にお買い物に行ったり、モスクワ川のクルーズに行ったり、、、

バレエ
バレエ鑑賞
クルーズ
クルーズからの景色

とにかく死ぬほど充実してました、、、

人生で一番濃くて楽しい2週間であったことは間違いありません!

 

ここまで聞くと、遊んでばっかじゃねえかオラと思われがちですが、最終日には自分が設定したテーマについてのプレゼンもあるので、ちゃんと遊び以外もしてました。笑

 

食生活

ロシアの食事は日本人の舌に合うらしく、どれも本当に美味しかったです!

学食

お金

宿泊は寮であるのと、プログラム費がほとんど学校負担であるのと、奨学金が多くもらえることから、自己負担は本当に少なかったです(10万円も使ってないんじゃないかな)

あと、物価もそこまで高いと感じませんでした。むしろスーパーで買えるものは日本より安いものが多かったです。外食はほとんど日本と同じくらいの値段でした。

寮
プログラム中ずっと滞在する寮。めっちゃ綺麗…!

留学後

語学力

私のロシア語力はほとんど向上しませんでしたが(笑)、他の参加者の人で、ロシア語モチベをぶち上げて帰国した人はけっこういた気がします。



心境

今回訪れたのはモスクワだけなので、他の地域のことも知りたくなりました!

また絶対に訪れたいです、、、サンクトペテルブルクとか行きたい

 

留学を振り返って

学び・楽しかったこと

とにかくロシアへのイメージが一変しました!

今まで「寒くて冷たくて怖そうな国だな」程度の印象しか持っておらず、どこか遠い国だというイメージでした。

しかし街中には日本の商品が各所に見られ、ロシアの人たちの生活に日本が意外に関わっていました。

また、学生たちも、みんな親切すぎるくらいに優しくて、実際にロシアを訪れて、さらに現地の人たちと関わることで、多くの日本人が持っているであろうネガティブなイメージが実情とは異なっていることがわかりました。

マトリョーシカ

後悔・辛かったこと

帰国3日前くらいに寒すぎて風邪ひきました。風邪薬持っててよかった。

 

最後に

とりあえずロシアのイメージが一変しました…!

ロシアに関わったことない人、ロシアに興味なかった人ほど行ってみて欲しいです!

私的もう一度行きたい国ランキングの圧倒的ぶっちぎり堂々の1位です。

1,2年生の皆さん、ぜひ参加を検討してみてくださいね!

関連記事

  1. 堀越のカナダ・ウォータールー大学SAP体験談【2018 夏SAP…
  2. カリフォルニア大学リバーサイド校!入学前留学研修を解き明かす7つ…
  3. Search A Partnerじゃないよ、Study Abro…
  4. カリフォルニア大学サンディエゴ校への短期留学【SAP特集】
  5. profile 理系女子がおすすめするカナダFLのリアル
  6. そうだ、NZ住もう。【SAP特集】
  7. Miwaちゃんのカナダ・ウォータールー大学SAP体験談【2018…
  8. members 短期留学マスターが語るFLに行く価値!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP